小学生 福祉体験

2017-08-10

伊東市内にある西小学校4年生50名の生徒が7月6.7日みはらしにて福祉体験を行いました。

通所リハビリでは車イスのままでも入浴できる“機械浴”の説明を聞いてもらいました。
初めて見る形のお風呂に子供達は釘付け!!!実際にお湯も溜めてみました。
「どうやって髪の毛を洗うの?」「お湯は冷めないの?」「浴槽からお湯は漏れて来ないの?」など色々な質問が飛び交っていました。

擬似体験ではトロミ付きのお茶を試飲したり、身体に負荷(手足に重り、視界をせばめる眼鏡、難聴にするために耳栓)をかけて円背や
右半身麻痺の様な状態を作り日常動作をしてもらいました。
この様な状態で動くというのは、こんなに大変な事なんだなぁ。もっとお年寄りを手伝ってあげなきゃ。ここでの体験を役立たせたい。
などの意見、感想を聞く事ができました。
“高齢者の立場になって考える事”ができる良い機会になれたかなと、私たちは嬉しくなりました。

去年同様、総合的な学習の一環で1年間を通して福祉について学んで行くようです。
また何かお力になれればと思います。
頑張ってくださいね!!
後日、感想をもらいました。フロアに飾らせていただいてます!!

Copyright(c) 2018 伊東市介護老人保健施設みはらし All Rights Reserved.